スターバックスキービジュアル

皆に見守られ、認められ、チャレンジできる。ここは、自分を出せる大好きな場所です。

管理栄養士をめざして勉強中の大学3年生 Mさん 2019年5月入社 アルバイト

Profile

管理栄養士をめざして
勉強中の大学3年生

Mさん 2019年5月入社 
アルバイト

大変そうだからこそ、チャレンジしたい

高校生のときは3年間、飲食店でアルバイトをしていましたが、大学生になって環境の変化を機会と捉えて、新しいことを始めてみたいと思いました。そこで頭に浮かんだのが、スターバックスでした。高校生のときにいろいろなお店に行った中で、一番自分にとって大変かも、と思ったのがスターバックスです。それはお店で働くパートナーの皆さんが忙しそうだから、ということではありません。いつスターバックスのお店に行っても、どんなときでも、お店で働く方たちがキラキラして見えたからです。忙しいときでも笑顔で楽しそうにお客さまに接している。でもそういうのは自分には難しそう、あんなふうになるのは大変そう、でも、だからこそスターバックスがいい、ここで働いてみたいと思いました。

あえて自分にとって難しいアルバイトを選んだのには、理由があります。大学入学時、私はあまり自分に自信がありませんでした。大学では栄養学を学んでいて、将来は管理栄養士として活躍したいと思っています。でも、私がめざしている管理栄養士という仕事は、人と接する機会が多い仕事。大学の4年間で、自分を変えるきっかけをつかみ、自信をつけたい。スターバックスの仕事をしっかりやり遂げれば自信がつくんじゃないか、それがスターバックスへの応募動機になりました。

今は週に3日ほど、大学の授業があるときは、17:00からスタートする時間帯でバリスタとして働いています。レジ業務やバーでのドリンク作成、カスタマーサポート、オーダーサポートが主な仕事になります。いつも笑顔で前向きに働くパートナーから刺激を受け、楽しく働いています。

Mさんイメージ1

研修や周りからのサポートで成長できる

アルバイトを始めて最初の1ヵ月は、研修期間でした。その期間はバリスタトレーナーがつき、ドリンクの作り方やレジの打ち方など、一通りのことを細かく教えてくれます。研修の終盤では、4種類のドリンクを実際に作り、レシピが覚えられたか、ちゃんと作れるかをチェックするテストがありました。また、コーヒーの知識についてのテストもあります。これらのスキルチェックをパスしたら一人でポジションに立つことができます。ここまで丁寧に研修をしてくれるので、未経験の私でも、安心して仕事を始めることができました。

研修期間に限らず、皆が新人パートナーを見守り、成長を促してくれるのが、スターバックスのよさだと思います。スターバックスのお店では、混んでいるときは複数人でドリンクを作りますが、その中で皆に指示を出すポジションがあります。私はそれまで指示を受けてドリンクを作る立場だったのですが、時間帯責任者の方が、指示を出すポジションに私を指名してくれました。任されたときはどうしたらいいかわからなくて、自分にできるか不安でした。しかし最初のときもそのあとも、「今日はここがよかったね」とか、「次はこうしてみよう」など、そのたびごとにポジティブなフィードバックをくれるので、徐々に自信がつき、だんだんと動けるようになってきました。今でも店内が混んでくると、少し気持ちに余裕がなくなるときもありますが、以前に比べればかなりスムーズにできるようになっています。

スターバックスは、挑戦する機会を与えてくれる。周りにいる人も見守ってくれる、一緒に頑張ってくれる。だからこそ、成長できる。今では新しく入ってきたパートナーに自然と「大丈夫?」と声を掛けられるようになり、自分の成長を実感しています。

Mさんイメージ2

自分らしさを出せる職場

休憩時間に自分が好きなドリンクを飲めるのもスターバックスで働くメリットの一つです。私はアイスゆずシトラス&ティーが好きなのですが、自分好みにカスタマイズして飲んでいます。店内の接客カウンターに入っているとき、そのドリンクをスタンダードなレシピでオーダーされたお客さまがいらっしゃいました。そこで「パッションティーに変更すると爽やかで、お勧めです」とお話しすると、「今までたくさん飲んできたけど、そう提案してもらったのは初めて」とすごく喜んでいただけました。とても嬉しかったですし、自分はそのドリンクのことをよく知っているんだと、自信にもつながりました。

自分なりに考えたサービスをご提供できるのは、スターバックスで働く大きな魅力だと感じています。陳列棚の前でギフト用にタンブラーやさまざまな商品を前に、悩んでいるお客さまに声をおかけして、お客さまと一緒に決めるのも楽しい。スターバックスは「自分らしさを出せる場所」なんだと思います。これからも、もっとコーヒーやドリンクの知識を身につけ、自分に自信をつけていきたいです。そして、自分から難しいポジションに挑戦したり、周囲の人を助けてあげられる、前向きで頼られる人間になりたいと思っています。

Mさんイメージ3

Routine

週3勤務(夕方~夜)

17:00~21:00 3時間45分勤務(休憩15分)
※学校が休みの時は変動する場合もあり
※勤務時間は一例です