スターバックスキービジュアル

手話に社内資格試験、大変なことにも進んでチャレンジ。年齢を重ねても成長を続ける自分に、驚きの毎日です。

自分の可能性の証「ブラックエプロン」 Fさん 2016年8月入社

Profile

自分の可能性の証
「ブラックエプロン」

Fさん 2016年8月入社

爽やかな朝を提供してもらえた

祖母が体調を崩し、早朝、頻繁に車で実家に帰っていた時期があります。その途中にあるスターバックスに立ち寄ったときのこと。早朝の7時半とか8時ぐらい、オープンしたばかりの時間帯なのに、朝の準備に追われている感じもなく、店員さんが余裕を持ってお客さんを迎えてくれるのが、すごく気持ちよく感じました。祖母のことが心配だったのでその対応が余計に心にしみ、こんなお店に来られてラッキーだと思い、その後も頻繁に通うようになりました。別のスターバックスのお店でも同じなのかなと興味がわいて、他店に行ってみたところ、お店も時間帯も関係なく、同じように働く皆さんの表情が爽やかで、明るく、温かく迎えてくれました。

それまで飲食店のキッチンで働いていたのですが、環境を変えたいと思っていたタイミングだったこともあり、スターバックスで働きたい、という気持ちが強くなりました。求人情報を探したところ、ちょうど今勤めているこちらの店舗で募集があり、応募。入社することになりました。

Fさんイメージ1

段階を踏んで、時間帯責任者に

現在は週に3~4日、主に9~15時の時間帯責任者として働いています。バリスタとしてのレジ業務やドリンク作成に加えて、シフトのコントロールや新しく入るパートナーの教育も私の役割です。レジで接客したり、ドリンクを作ることも大切で好きな仕事なのですが、マネジメントの仕事や、パートナー一人ひとりの個性を活かすためには自分がどうしたらいいのかと考える時間も好きで、仕事は楽しいです。
入社時には店舗に経験豊富な時間帯責任者が二人いて、すごくお世話になりました。できるだけその方たちに近づきたいし、その方たちの役にも立ちたい。さらに、自分の仕事の幅も広げたい。そうした気持ちから時間帯責任者になりたいと思うようになりました。月に1回のストアマネージャーとの1on1で、自分ができていることや改善点をチェックし、次の1on1までに課題をクリアするように頑張る。その繰り返しで、入ってから2年弱で、希望どおりに時間帯責任者になることができました。

時間帯責任者の仕事はやりがいがありますが、とても大変なところもあります。時間帯責任者になって1年半ぐらい経ちましたが、なかなか先輩に追いつくことができず、マイナスのことばかりを考えてしまうことも。しかし先輩たちは、自分の課題を気にしすぎてしまう私の性格についても“個性”として捉えてくれて、私のよいところを伸ばそうと考えてくれます。落ち込んでいるときに声を掛けてくれたり、サポートしてくれる先輩たちの姿勢に、また“学び”をもらっています。

Fさんイメージ2

手話にも、社内資格試験にも挑戦

数年前のこと。高校生ぐらいのお客さまが手話でとても楽しそうに話しながらレジに並んでいました。当時の私は手話が使えませんでした。それでも、ご注文の際には何かの方法でコミュニケーションを取って、無料サービスのことなどをお伝えしたいと思い、接客するタイミングを待っていました。しかし、私の前に来たら、下を向いてメニューを指差すだけ。手話ができない、話が通じないと思われたんだ、いいたいことがいっぱいあったのにと、すごく悲しくなってしまって。それで、その日のうちに手話の勉強を始めました。手話を学び始めて、ようやく手話によるコミュニケーションができるようになったころ、耳の不自由なお客さまが来店され、注文を紙に書いて差し出されました。「手話ができます」と応じたところ、パッと明るい表情に。注文時に困っていることやドリンクの話をたくさんしたところ、「あなたがいるからまたここに来ます。友だちにもあなたのことを話すわ」とかえしていただけて、とても嬉しく、自分の行動に自信が持てました。

また、会社全体が大切にしている「お互いに心から認め合う」という意味が、より深く理解できた気がします。そのお客さまとのコミュニケーションをきっかけにパートナー同士で手話を教え合うようになり、みんなが簡単な手話ができるようになったのも、よかったと思います。
このようにパートナー間で感動を共有できるのも、スターバックスのよさだと思います。さらにコーヒーの勉強を頑張っている先輩パートナーに刺激を受け、私も勉強を始め、コーヒーの知識をためすブラックエプロンチャレンジに合格。コーヒーの専門知識がある証しとして、「ブラックエプロン」を身につけられるようになりました。

働きはじめたときにはもう30歳を過ぎていましたし、私自身がこれから成長できるなんて思っていませんでした。でもお客さまとパートナーの力添えで、「私って、すごいな」と思えるぐらいに成長できました。私の可能性ってまだあるのかなと思うと、ワクワクしてきます。そのため、年齢を気にして、新しいことに取り組むことをためらったり、家事や育児などで大変だから何かに挑戦するなんて…と思っている人にこそ、スターバックスで働くことを考えてみてほしいです。きっと私と同じように、自分でもびっくりするぐらい成長できるはず。自分の可能性を見つける楽しさを、ぜひ一緒に体験してほしいと思います。

Fさんイメージ3

Routine

週3~4勤務(朝〜昼)

9:00~15:00 5時間15分勤務(休憩45分)
※勤務時間は一例です