スターバックスキービジュアル

会社と個人のつながりの中に成長がある〜Our Mission and Valuesへの共感と体現〜― Starbucks growth process ―

オーナーシップが持てる環境。
Our Mission and Valuesを軸に
自らの頭で考え、行動する。

「人々の心を豊かで活力あるものにするために― ひとりのお客さま、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」を企業のミッションに掲げ、すべてのお客さまへ最高のスターバックス体験を提供できるよう、行動規範を掲げ、日々体現しています。

スターバックスの「成長の階段」

Our Mission and Values Phase-1 自分存在の証明: Why we're here私たちがここにいる理由 自分を知り、自分を社会に役立てる Phase-2 自分自身に対する期待感: How we do it どうやってみんなでそれを成し遂げるか 人にフィードバックをもらい、自分で解決する(自分発) Phase-3 他者への影響: 自分を変えた方法で、人を変える Make a friend, Make a difference, Make a someone's day 仲間をつくり、変化をもたらし、誰かの1日に幸せをもたらす
Our Mission and Values Phase-1 自分存在の証明: Why we're here私たちがここにいる理由 自分を知り、自分を社会に役立てる Phase-2 自分自身に対する期待感: How we do it どうやってみんなでそれを成し遂げるか 人にフィードバックをもらい、自分で解決する(自分発) Phase-3 他者への影響: 自分を変えた方法で、人を変える Make a friend, Make a difference, Make a someone's day 仲間をつくり、変化をもたらし、誰かの1日に幸せをもたらす
タップして拡大できます。

私たちが提供する「スターバックス体験」は、マニュアル的なサービスからではなく、店舗で働くパートナー一人ひとりがお客さまに対して何ができるかを自ら考え、判断し、行動することから生まれます。スターバックスでの成長においては、Our Mission and Valuesに理解・共感するところから始まります。Phase1は「自分はだれかの役に立っている」と思えること。Phase2は「自分自身に対する期待感」。自分への期待が高まると自ら動き出すことができます。そしてPhase3は「他者への影響」。自発的に周りに良い影響を発揮し、自分を変えた方法で周りを変えようとする。このような行動がベースとなって、店舗全体に成長の輪が広がっていきます。

CASE STUDY

  • CASE STUDY 1

    手話を習得したことによってコミュニケーションが広がりました

    手話を習得したことによって
    コミュニケーションが広がりました

    耳が不自由なお客さまのご来店をきっかけに、手話を学ぶようになりました。そのおかげで、手話を通じてお客さまとも円滑なコミュニケーションをとることができるようになり、とても喜んでいただくことができました。さらに、職場でも手話の勉強会を開催するなど、周囲へも良い影響を与えることができ、店舗全体がさらに活き活きとしています。

  • CASE STUDY 2

    自分に自信が持てるようになって接客が楽しく、やりがいになりました

    自分に自信が持てるようになって
    接客が楽しく、やりがいになりました

    人と話すのは嫌いではなかったものの、自信を持ってコミュニケーションをとることができませんでした。でもその課題を克服したいと思い、スターバックスでアルバイトを始めることに。働き始めた初日から、店舗のパートナーが温かく迎えてくれて、さらに丁寧なトレーニングのおかげで、今ではどんな方とも楽しく会話することができ、自分に自信が持てるようになりました。接客も楽しく、おすすめの商品を提案して喜んでいただけることもやりがいになっています。

  • CASE STUDY 3

    コーヒーの知識をどんどん高めてブラックエプロンを着けられるように

    コーヒーの知識をどんどん高めて
    ブラックエプロンを着けられるように

    カフェで働くのは初めてでした。しかし、仕事を通じてコーヒーの知識が豊かになり、同時に学んだ知識をお客さまにもご紹介。そのようにお客さまに喜んでいただける経験を積み重ねていくうちに、さらに専門的な知識が身につくようになり、コーヒーの専門家とも言える「ブラックエプロン」を着けられるバリスタを目指して試験に挑戦。3回目でようやく合格することができました。コーヒーの知識を維持できるように、これからも専門知識をさらに高めていきたいです。

  • CASE STUDY 4

    お客さまの笑顔を見ることが楽しみで店内で独自のイベントを開催し、大成功

    お客さまの笑顔を見ることが
    楽しみで
    店内で独自の
    イベントを開催し、大成功

    夜の営業時間に来店されるお客さまに喜んでいただこうと、店内照明を少し落として、ピアノと弦楽器による音楽イベントを行ったことがありました。きっかけは、同じ店舗で働く、音楽に携わっているパートナーとの何気ない会話から。良いアイデアであれば、実現を応援してくれる企業文化がスターバックスで働く魅力の一つだと思っています。

  • CASE STUDY 5

    新人パートナーの育成を通じて、人を育てる楽しさを知りました

    新人パートナーの育成を通じて、
    人を育てる楽しさを知りました

    ストアマネージャーとして、自分が採用に関わった新しいパートナーの入社初日はとてもワクワクします。接客のみならず、アルバイトが初めてという方も多いです。そうした方たちにアドバイスをしながら、相手に少しずつ自信が生まれて、積極的に仕事に取り組む姿を見られるようになると、私自身とても嬉しくなります。人材の成長をサポートすることで、自分自身の成長を実感できる環境です。